東京でイチバン美味しくて安い仕出し弁当は?徹底検証!

HOME » 味良し!価格良し!東京の仕出し弁当一覧 » 京都瓢喜

京都瓢喜

京懐石の良さを活かした仕出し弁当

瓢喜のホームページ
引用元:瓢喜公式サイト
(https://hyoki-hyoto-shidashi.jp/)

東京23区全域と京都市内全域に仕出し弁当の配達を行っている「瓢喜」と「瓢斗」。

瓢喜と瓢斗、香水亭の3店は系列店であり、それぞれ東京都と京都府に店舗を構えています。

お弁当の受付をしているのは東京都にある「瓢喜 京橋店」、京都府にある「瓢斗 四条烏丸店」の2店舗です。

ここでは、瓢喜と瓢斗が行っている仕出し弁当について詳しく紹介していきます。

店舗で食べられる京会席がそのままお弁当に

近江牛を使ったすき焼き弁当など、瓢喜や瓢斗の店舗で実際に食べられる京会席がそのままお弁当になっています。熟練の職人が京料理の技法で丁寧に仕上げていくので、素材の持ち味を最大限に引き出した料理が食べられます。瓢喜や瓢斗では歴史と新しさの融合をした料理を提供することをモットーにしているため、山海の幸を生かした新しい京料理が楽しめるのが大きな特徴です。

お弁当の価格は1,800~7,000円と、宅配弁当としては少し高めの価格設定となっています。しかし、1つ1つ丁寧に作られたお弁当は、価格に見合うだけの上質な料理の数々が詰められており、家族や友人など大切な人をおもてなしするときにピッタリです。

女性や健康を気にする人にも嬉しいヘルシー弁当も提供

瓢喜と瓢斗の仕出し弁当では、近江牛や神戸牛を使用したすき焼き弁当が人気を博しています。肉を食べられないという人や健康に気を遣っている人ために、旬の野菜を中心に使ったヘルシー弁当も提供しています。また、鯖寿司やちらし寿司も提供しているので、祝いごとや差し入れにも重宝するお弁当屋さんです。

慶事用だけでなく法事用の弁当も用意されているため、故人を偲ぶ際に利用することもできます。会議や接待、慶事や法事など色々なシーンに合わせたお弁当を注文できるのも瓢喜と瓢斗のお弁当の魅力だといえるでしょう。

昭和初期に考案されたこだわりの松花堂弁当

松花堂弁当は慶事用と法事用の2種類が用意されており、どちらも価格は7,000円(税抜)で提供されています。昭和初期に考案された松花弁当は、焼き物や煮物など数種類の品数があるために幕の内弁当と混同されがちですが、実は懐石料理の流れを汲んだ料理です。弁当の内側に十字の仕切りがあることで他の料理の味や香りが移りにくく、また見た目の美しさも兼ね備えています。

東京でおすすめの仕出し弁当屋ランキング

瓢喜を利用した人の口コミ評判

口コミは見つかりませんでした。

配送エリア・注文の条件

配送エリアは東京23区および京都府となっています。

注文の条件

お弁当の注文は、配達の3日前の18:00まで受付しています。1回の注文につき合計金額5万円以上で、1種類10個以上の注文が必要なのでご注意ください。

配達3日前の18:00以降のキャンセルについては必ずキャンセル料金が発生します。尚、配達可能エリアは瓢喜と瓢斗の店舗がある東京23区内と京都市内となっています。

瓢喜の会社概要

会社名 株式会社mihaku
所在地 東京都中央区銀座7-16-14 銀座イーストビル8F
電話番号 03-6228-4180
 
東京おいしい仕出し弁当ランキング